すごい辛い、唐辛子、販売

2014/3/11

Amazonのお試し期間が終わりました。

さぁ!いよいよ本番のスタートです!すでに沢山のご注文を頂き誠にありがとございます。ここ佐賀県の片田舎では「こんな辛い唐辛子が売れる訳がない」と言われましたが、私の中で確信に変わりました。とは言え、、、私もブート・ジョロキアを知らず作る前は半信半疑でした。初年度に試作して出来上がった製品を試食して、いままでの感じた事のないスパイシーな香り、口にした時の強烈な刺激、その後にスーっと舌に残る旨み、私自身がブート・ジョロキアの大ファンになりました。

「好きこそものの上手なれ」(自分の好きなことは、いろいろ熱心に工夫をするのでますます上手になるということ)

まさしく、ブート・ジョロキアに惚れ込んで皆さんに知って欲しい、食べて欲しいと思うようになりました。しかし蓋を開ければ皆さんの方が私より先にご存じだったようでお恥ずかしい次第ですが、いまはそんな皆さんのご期待以上の製品を作る事が使命だと思っています。

私の夢は「売れた売れた、良かったね」では終わらず、このブート・ジョロキアを使った地域の再生が出来れば・・・っと大きすぎる夢をここ故郷に帰ってきて思いました。私自身がそうだったように田舎では産業が無く、仕事場が少ない、仕事のある都会へと出ていき、人口がどんどん減り、残ったお年寄りだけの村・・・

しかし、ある日気が付きました、このお年寄りが沢山の荷物を積んでマニアルの軽トラを乗り回し、大変元気なんです!人にとって仕事は生き甲斐でもあり、定年なしのいつまでも働ける仕事場を作り出せば楽しい村ができるのではないでしょうか?数年後にそんな夢が叶うように、まずはひとつ、ひとつあなたにファンになって頂く事がいまの最大の仕事です。

About tomog